シラカバ花粉飛散予測について

1995年から2019年までの札幌医大でのシラカバ花粉データーです。

年間のシラカバ花粉飛散数は前年度6月と飛散開始前月の3月の日照時間が関係します。

 シラカバ年間飛散数は次のような計算式で予測されます。

Z=7.23X+10.8Y−2339   

Xは前年6月の日照時間、Yは当該年3月の日照時間、Zは年間飛散総数(1平方センチメートルあたり)

昨年6月の日照時間193時間、今年3月の日照時間174時間を入力しますと、

今年のシラカバ花粉飛散数は1cm2あたり935なります。

過去25年間の平均は550個、昨年は例年並の535個でしたので、例年・昨年の1.7倍

 飛散数が多い年なります。要注意です